人気ブログランキング |
2012年 10月 05日 ( 1 )
試乗会その4




hirabikesです。


試乗会レポその4です。




続いて、ある程度テーマを決めて試乗してみることにしました。

来年のモデルラインナップで、サスペンションストロークが120~180ミリまで
トレイルモデルとしてのラインナップが用意されています。
180ミリは先に紹介した、水色のフレディというモデルですが、
ややトレイルモデルと言うには現実的ではない感じでした。

と言うわけで、120ミリから160ミリまで3車種一気にレポしたいと思います。





まずは、120ミリ
その名も one-twenty
289000円


試乗会その4_a0210091_15131459.jpg



見るからに遊べそうな、トレイルバイクですね。

現地にいたメカニックも一押しと言うことでウキウキしながら乗り出します。

不思議と小ささは感じず、どっしりした感じが第一印象
ワイドなギア比で登り坂も問題なし
でもこの手のバイクは、登りそこそこ、DHで大爆発ってのが面白いところ。

このバイクもその期待を裏切ってはくれませんでした。

本当に120ミリストロークなのか?って言うほど感覚的には深いサスに感じます。

減衰やサスの硬さがたまたま自分に合うセットだったのかもしれませんが
とんでもなく面白いバイクでした。

このイメージを残したまま、お次は140ミリのバイクへ



one forty 900

229000円



試乗会その4_a0210091_1523432.jpg



ストローク量140ミリの前記のモデルから20ミリストロークをアップしたモデルです。
ですが、このモデルよりサスペンションシステムがVPKと言われる仕組みになります。

試乗会その4_a0210091_15333967.jpg


ウンチク語らず、120ミリの感覚を残したまますぐに140ミリに乗り換えます。

特にストロークが増えたことによってのフワフワ感などはありませんが
なんか感覚が違います。
リアサスペンションシステムの仕組みの違いを聞いたのは後からだったのですが
キックバック(リンクが動くことによるチェーンの引っ張り)がけっこうすごいです。

下るだけなら、140ミリと言うストロークは味方につきますが
このストロークを生むために、このサスペンションVPKのシステムでこの量のキックバックなら
僕は120を選びます。
ですが、これも好みの問題でしょう、脚力がある人や今乗っているバイクが120ミリ前後のサスペンションならワンランク上のモデルとしてはもちろん選択肢しとしては大いに有りだとは思います。


と、これを踏まえて、お次は160ミリ

one sixty
299000円


試乗会その4_a0210091_15325514.jpg



いやいや、20ミリのストロークアップであれだけキックバックでたら、
40ミリアップだと膝が壊れるぐらいキックバックくるんじゃないのって思ってたんですが


このバイクに乗ってみると、まさに目からうろこ、実際うろこは落ちませんが。

140であれだけ違和感があったのになんか普通です。
重量が15キロと言うことですのでもちろん重さは感じますが、しなやかなサスのイメージです。
ストロークをいい感じに味方につけながら上りも上っていけます。

ここの試乗コースは直角カーブが数ヶ所設けられていましたが
面白いほどに『スパッ!!』っと曲がります。

本当に文字で表現するなら、これです。スパッ!

旋回性能が半端じゃないです。もちろんタイヤやホイール軸の性能もあるでしょうが
それを差し引いて試乗しているつもりですがただ単にストロークの違いだけではなく
目的によって自転車の性格や性能もまったく違う感じに味付けされているのを感じました。


このバイクは前日のプレス向け試乗会でも人気だったそうで。




で、やはり最初のいいイメージが抜け切れないので、120のカーボンモデルに乗り換え

one twenty carbon xt
429000円
11.7キロ


試乗会その4_a0210091_15433371.jpg



最初に乗った120の軽量カーボンモデルです。

やはり最初に感じた120のよさはそのままでした
路面からのダイレクト感を残しつつ、衝撃はしっかりサスが吸収
いい感じに操作する楽しみを残しながら、ジャジャ馬感もあります。






そんな感じの3種類4台乗り比べですが、
どれか選べと言われたら、一番最初のアルミ120。

一体感が半端ないです。

MTBの楽しみを再認識できると思います。

くさい台詞ですが
MTBとは人馬(車?)一体感を感じながらの山道でのパートナーだと思いますし
トレイルは上りもあれば下りもある、どちらかを犠牲にするほどではないですが
体力を有効利用するなら、のぼりは少しでも楽に登れるほうがいいと考えます。

そんな感じの一気乗りの感想でした。



もう少し続くかもw
by hirabikes | 2012-10-05 10:30 | 店舗情報



電話番号は 092-924-8868です。 hirabikes.com  右側の店舗詳細もご覧ください!
by hirabikesヒラバイクス
カテゴリ
全体
店舗詳細地図、取り扱い等
店舗情報
未分類
以前の記事
2020年 03月
2019年 11月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
よくある質問、工賃その他について
at 2020-03-18 12:52
11日 水曜日
at 2020-03-11 15:43
20191130
at 2019-11-30 13:03
2020 メリダ 
at 2019-07-26 16:57
22日土曜日
at 2019-06-22 12:48
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧